大阪市北区天神橋
天六駅近くの整形外科・リハビリテーション科・骨粗しょう症・交通事故治療

運動器不安定症とは

日本整形外科学会による定義では、高齢化にともなって運動機能低下をきたす運動器疾患により、バランス能力 および移動歩行能力の低下が生じ、閉じこもり、転倒リスクが高まった状態とされています。病名ではなく疾患概念です。

運動器不安定症の症状

運動機能評価として
1)開眼片脚起立時:15秒未満
2)3m timed up-and-go(TUG)テスト:11秒以上
とされています。

2)は椅子に座った姿勢から立ち上がり、3m先の目印点で折り返し、再び椅子に座るまでの時間を測定します。

運動器不安定症の原因

高齢化に伴って運動機能低下をきたす疾患や状態であり、以下のように圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、骨粗しょう症、変形性関節症、腰部脊柱管狭窄症、脊髄障害、神経・筋疾患、関節リウマチ、下肢切断後、長期臥床後の運動器廃用、高頻度転倒者など多岐にわたります。

運動器不安定症の治療

足腰の筋力強化、バランス力の向上のために運動習慣をつける、また当院においてはリハビリをいたします。

院長より

ご自身で目を開けた状態で15秒立てるかやってみましょう。意外とできない人が多いです。