大阪市北区天神橋
天六駅近くの整形外科・リハビリテーション科・骨粗しょう症・交通事故治療

関節リウマチとは

関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されてしまい、関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気です。関節は腫れ、激しい痛みを伴います。
他の関節の病気と異なる点は、関節を動かさなくても痛みが生じるところです。手首や手足の左右の関節で同時に症状が生じやすい事も特徴です。

関節リウマチの症状

関節リウマチの初期の症状は、関節の炎症に伴うこわばり、腫れと痛み、発熱などです。
関節リウマチが進行すると関節の軟骨や骨が破壊され、関節の脱臼や変形が生じるようになります。
関節の進行は発症後早期から急速に起こる事がわかってきています。

関節リウマチの原因

関節の腫れと痛みは、免疫の働きに異常が生じるために起こると考えられています。
免疫は、外部から体内に侵入してきた最近やウイルス、それらに感染した細胞、ガンになった細胞などを攻撃して破壊し、体内に侵入した異物や異常な細胞を排除する働きを担っています。しかし、免疫に異常が生じると、謝って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまい、炎症が生じます。それにより関節の腫れた痛みとなって症状が現れます。

関節リウマチの治療

症状や進み具合に合わせて、薬物療法、手術療法、リハビリテーションなどを行います。
薬による治療としては消炎鎮痛薬、抗リウマチ薬、ステロイド、生物学的製剤、JAK阻害剤など多岐に渡ります。
また関節のクッション材として使用するために膝に注射をするヒアルロン酸製剤などがあります。

院長より

早期から治療することで寛解状態(治療をつづけながら、病気の症状がほぼ消失した状態)に落ち着かせる事ができます。指が変形してきてしまうと日常生活に支障が出てしまいますので、早めの受診をお願いします