大阪市北区天神橋
天六駅近くの整形外科・リハビリテーション科・骨粗しょう症・交通事故治療

リウマチによる手の変形とは

リウマチ治療が放置されているまたは難渋している方において、手関節の腫れや痛み、変形のために手が使いにくくなった状態です。

リウマチによる手の変形の症状

  • 手指に力が入りにくい
  • 手が使いにくい

リウマチによる手の変形の原因

原因は不明。リウマチ自体は自己免疫性疾患といわれ、細菌やウイルスから身体を守るしくみ(免疫)が異常を起こし、関節を守る組織や骨、軟骨を外敵とみなして攻撃、壊してしまう病気です。過労やストレス、喫煙、出産などをきっかけに発症することがあります。

リウマチによる手の変形の治療

薬物療法、装具療法、手術

院長より

現在はリウマチは早期発見・早期治療することで、手指変形することが減少してきています。リウマチかな?など、気になる方は早めの受診をお願いします。